愛ペットクリニックのウェブサイトへようこそ、札幌市西区の動物病院です 犬・猫の診察、治療、手術を行っています。

避妊・去勢手術

去勢・避妊手術はしたほうが良いですか?

絶対必要とはいえませんが、病気の予防やストレスの軽減になると言われています。
当院では最初の発情が始まる前の生後6~7ヶ月頃をお勧めしています。

去勢・避妊手術を行うメリットは?

  • 睾丸の腫瘍、
  • 前立腺肥大、
  • 会陰ヘルニア(肛門と尾の間が膨らんでくる)
  • 乳腺の腫瘍、
  • 子宮蓄膿症、
  • 卵巣の腫瘍、
  • 子宮筋腫
    などの病気の発生を防ぐことが出来ます。

  • 海外の最新の文献を見ますと、初めての発情がくる前に避妊手術を行うと
    乳がんになる確率が、極めて低くなるといわれています。

去勢・避妊手術にはデメリットは無いの?

まったく無いわけではありません。手術前と同じものを食べていても、
肥りやすくなったりする事もあるので、病院では避妊、去勢後のフードをおすすめしています。

 手術時の止血には万全を期していますので、出血量はごくわずかです。
傷はメス猫ちゃんの避妊手術で子宮に問題がなければ1~1.5センチ程です。
傷が小さいので、その日のうちにお家に帰れるので動物たちの不安が大きく違います。
手術した当日は安静を心がけてください。

一度でも発情が来ると子宮内幕卵巣に変化が起きます。
最悪の場合子宮水腫・子宮内膜炎・卵巣水腫が起きている場合があります。
子宮の病気を避けるために、手術方法子宮卵巣全摘出術で行っています。

お願い
去勢・避妊手術は予約制で12時から3時の間に行っています。
予めご予約いただいて、11時30分までに来ていただくようにしております。
3時以降にしか来院いただけない方は、ご相談ください。
その場合診察終了後の手術になりますので、翌日の退院となります。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional