愛ペットクリニックのウェブサイトへようこそ、札幌市西区の動物病院です 犬・猫の診察、治療、手術を行っています。

よくある質問

ペットを飼いたいのですが?

  • 一番は出会いだと思っています。
    ペットショップで購入する、捨てられていた子を拾う、札幌市動物管理センターなどの里親探し、知合いの家で生まれた子。

    ペットを迎えるとき、どういった子が適しているかも少し考えてみるとよいでしょう。
    ネコや小型犬であれば、室内だけでも飼うことができますが、中型犬以上だと必要十分な運動量を確保してやらなくてはなりません。
    毎日どれだけ時間を割けるのかを考えて選ぶと良いでしょう。

    毛の長さも選択する上で重要でしょう。
    長毛種ですと、手入れやシャンプーカットを怠ると毛玉になってしまい、
    皮膚病の原因にもなってしまいます。

    オスかメスかで悩まれることもあるでしょう。雌雄による性格・気性の差はありません。
    オスにはマーキング(おしっこをかける)の問題があります。


避妊・去勢手術はした方がいいですか


突然鼻をブーブー鳴らして、呼吸が苦しそうな事があります。


お散歩、ドックランで他の犬に咬まれてしまいました

  • 咬まれている時は力まかせに引き離さないで下さい。
    傷が大きくなってしまいます。
    小型犬が大型犬に咬まれると命に関わるケースがありますので、注意が必要です。
    その後に傷が化膿したり、ショック状態に陥る事がありますので早めに動物病院で手当てを受けましょう。


うちのネコが何度もトイレに入っていますが?

  • 膀胱炎か便秘が考えられます、早めに動物病院で診てもらいましょう。


なぜ診察料金が表示されないの?

  • 2008年8月の改正獣医療法で、診察料金の表記、比較広告等が禁止されております。


狂犬病注射は受けなければいけませんか?

  • 生後90日以上の飼育犬に義務付けられています。
    その後年1回受けなければいけません。
  • 札幌市以外からの転入の場合、登録は各市町村単位で管理されていますので、
    以前の狂犬病予防注射証明書と鑑札をお住まいの各区保健センター、札幌市動物管理センターにお持ちいただくと手続きできます。

狂犬病ワクチンと混合ワクチンは同時に打てますか?

  • 当院ではワクチンとワクチンの間は3週間から1ヶ月開けて頂いておりますので、同時には打つことができません。


うちの子は人間で言えば何歳なの?

  • いろいろな考え方がありますが、小中型犬の場合1年で14~15歳(大型犬12~13歳)、2年目で23~24歳(大型犬19~20歳)、3年目以降は1年に4歳ずつ(大型犬7歳)歳をかさねていきます。
    猫の場合1年で15歳、2年で24歳、3年目以降は4歳ずつ歳をかさねていきます。


猫に必要な栄養素があるって聞きました?

  • それはタウリンの事だと思います。タウリンは犬・猫共に必要な栄養素です、
    特に子猫の脳神経、心臓の発達に欠かすことのできない大切な栄養素です。
    しかも体内で作り出すことが出来ません。
    上質なキャットフードには含まれています。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional